検索

スマートライフリハで行っている外出リハ① ―ノルディックリハー



みなさんこんにちは。


今年の北海道は夏が涼しく短かった為、冬の訪れが遅く暖冬になるという話を耳にしましたが本当でしょうか・・・


そうであることを願いつつも

皆さん、朝晩の冷え対策は今のうちからしっかりとしましょうね!



前回はSHAREが経営する中で唯一の滞在型デイサービスの「スマートライフリハプラス」についてご紹介させていただきました。

まだご覧になっていない方は是非チェックしてみて下さいね!



「スマートライフリハプラスについて」



さて、今回はスマートライフリハ真駒内で行っている「外出リハ」についてお話ししていきたいと思います!!



外出リハの種類と目的

外出リハには大きく分けると3つあります。


① ノルディックリハ

② お買い物リハ

③ お散歩リハ



3つの外出リハにおいて共通の目的としては

生活の基盤が自宅内に偏ってしまいがちな利用者様に、外出する楽しみを再確認していただくこと。



その上でそれを意欲として・・・



「次は一緒に紅葉見に行けるようにもっと体力つけましょうね!」

「階段を楽に登れるように練習しましょうね!」



とお声がけをすることによって日常のデイサービスの利用を前向きに捉えて頂くこと。

更にはそれを評価し、利用者様にフィードバックすることが1番の目的です。




ノルディックウォーキングとは

今回は外出リハの中から①ノルディックリハについてお話ししていきます。


ノルディックリハはその中の通りノルディックウォーキングをすることでリハビリしていくものです。



そもそもノルディックウォーキングとはどのようなものなのでしょうか?

始まりはウィンタースポーツ「クロスカントリー」の選手が雪の無い夏季のトレーニング方法として行ったことが始まりです。



ノルディックウォーキングは普通のウォーキングとは違い、ポールを両手に持って歩くことによって上半身の筋肉(腕・肩等)も使います。

その為全身の約90%の筋肉を使うスポーツとも言われているんですよ。



更に全身の筋肉を使うことによって消費エネルギー量がなんと40%以上も増えると言われています。



ご高齢者様におすすめなノルディックウォーキング

ここまで聞くと、そんなにエネルギーを消費するのなら身体が辛くなるのではないだろうか・・・と心配になりますが、

ポールを持つことによって膝や脚への負担がかなり軽減され体感的には普通のウォーキングよりも楽なことも特徴の一つです。



ノルディックウォーキングの効果は沢山ありますが、

ご高齢者様の場合、バランス感覚が整うため「転倒予防」になるというとても嬉しい効果が期待できます。



「全身の筋肉を使うことができる」「膝や脚への負担が少なく楽に歩ける」「転倒予防の効果がある」・・・知れば知るほど本当にご高齢の皆様にぴったりの運動ですね!



ノルディックウォーキングの様子

こちらは実際にノルディックリハをしたときの様子です。


休憩を挟みながらも自然と触れ合って皆さん楽しそうに歩かれていました。






ちなみにノルディックレクではこちらでご用意したポールをお貸ししております。




ノルディックウォーキングの効果として自然の中で行うことによってリラックス効果や

NK細胞(がん細胞やウイルスに感染した細胞を見つけて殺す免疫細胞)を増やすことに

繋がるとも言われています。






今後は他の外出リハについてや、評価・フィードバックの方法についてもお話ししていこうと思っておりますのでそちらも是非チェックしてみて下さいね。