検索

【理学療法士ができること】



脳梗塞後遺症リハビリセンター ストロークジム札幌です!


今回は「理学療法士ができること」というテーマでお話をさせていただきます。


病院でリハビリを経験された方は「足のリハビリは理学療法士」、「手のリハビリは作業療法士」といった印象が強いのではないでしょうか?


理学療法士の直接的な目的は運動機能/基本動作能力の回復にありますが、

運動機能/基本動作能力の向上をもとに日常生活動作(ADL)の改善に繋げ、

最終的にはQOL(生活の質)の向上を目指します。


理学療法士は「足の運動/歩きの練習が中心」といったイメージが強く手のリハビリは難しいのでは?と思うかもしれませんがそんなことはありません。


理学療法では運動機能の回復を目的としているので、

「足だけではなく、全身の機能をみることが必要」になります。


そのため痛みの緩和や手の訓練も行うことができ、重症度に関係なく幅広い障害の方への対応が可能」です。


当施設ではご利用者様のご希望と障害の状況に合わせて目標を定め、

オーダーメイドでのリハビリプログラムをご提案・ご提供をしていきます。


また、施設内での完全個別リハビリだけでなく自主トレーニングの指導・管理にも力をいれていますので、しっかりとリハビリの量を確保することが出来ます。


当施設は保険外のサービスとなりますので訪問リハビリやデイケア、デイサービスなど現在ご利用中の介護保険サービスとの併用も可能です。


疲れやすいという方や運動が苦手という方々には負荷量の調整を行い、無理せず行うことが出来るプログラムをご提案させていただきますので、興味がございましたらお気軽に当施設へご連絡ください。