検索

利用者様へより良いサービスを提供するための取り組み~外部講師を招いた研修②~




皆様こんにちは!


前回のコラムはスマートライフリハで社外研修を実施するようになった経緯や

5月に行った研修についてご紹介致しました。

まだご覧になっていない方は是非下記リンクからご覧ください!


利用者様へより良いサービスを提供するための取り組み~外部講師を招いた研修~



今回は5月に実施した研修の内、

前回ご紹介しきれなかった研修についてご紹介していきます!


テーマは

【機能的動作の原理原則・構造解剖学・ReachProgram‐コーチングスキル‐】

です!


この研修は、R-bodyさんに依頼して受講させていただきました!


当社ではフィットネスジムの運営もしておりまして、そちらの部門で主に研修依頼をしているのがR-bodyさんであり、今回スマリハでも依頼をさせていただく運びとなりました。


研修の前半は実演を交えた身体の構造・機能的な原理原則、

後半は演習・アウトプットを主体とした講義をしていただきました。





今回の研修を受けることで、


〇普段行っているプログラムの意味・効能について確信を持ってご利用者様に提供することができる


〇ご利用者様の日常的な悩みにより自信を持って対応することができる


そんな講義の内容になっておりました。



職員からは

〇ストレッチやトレーニングを応用し、その方の生活や性格に出来るだけ合うように提供していきたい。


〇正しい動きを自分で実施できるようにし、理解した上で利用者さまに運動を提供したい


といった意見や感想がみられました。





知識のインプットに加えて、自身の体で体感、即実践することができるので、

現場で使える知識になっていくのが実感できました。

スタッフの日々の提供プログラムにもとても良い変化を与えてくれる研修会となりました🎵