検索

スマートライフリハにおける管理栄養士の取組み~栄養アセスメント加算~

皆様こんにちは!

スマートライフリハ管理栄養士の籔本です!



前回のコラムでは「栄養講座」というものについてお話しさせていただきました!

まだご覧になっていない方は是非下記リンクからご覧下さい。



スマートライフリハにおける管理栄養士の取組み~栄養講座~



今回はスマートライフリハで行っている「栄養アセスメント加算」についてお話ししていきたいと思います!!


ご高齢者様の栄養状態は急激ではなく徐々に悪くなり、「気付けば低栄養になっている」

なんていうことも起こり得ます。

その為現在の栄養状態が良好でもしっかり経過を追ってみていくことが大切になってきます。


低栄養状態に陥ってしまうとロコモティブシンドロームやフレイルを招き、

更には認知機能にも悪影響を及ぼします。


スマートライフリハは短時間リハビリ特化型デイサービスではありますが

ご利用者様の運動面だけではなく身体状況全体を把握することで

より一層リハビリの効果を発揮できると考えております。






そこで・・・スマートライフリハには管理栄養士が在籍し

「栄養アセスメント加算」を実施しております。

身長や体重の測定はもちろん、お食事に関するアセスメントを行って

利用者様の栄養の状態をチェックさせていただいています。



管理栄養士はいつでも利用者様の栄養状態をPCで確認できる仕様になっておりますので

店舗スタッフやケアマネージャーと連携し、状態の悪い方にはこちらからお声がけして

個別の栄養指導のご案内をさせていただいております。



栄養のお話をさせていただくと「老い先短いから好きなものを食べて生きて過ごしたい」というお声を聴くこともありますが、

栄養状態が悪いと好きなものを食べられなくなってしまう可能性もあります。

皆さんが元気に過ごすために欠かせないお食事について

管理栄養士がしっかりサポートさせていただきます。